母親と喧嘩しアパートで6時間立てこもり 50代女の身柄を確保

親子喧嘩で荒れ狂い、「死んでやる」と騒いだ女。駆け付けた警察が女の身柄を確保したが、母親は「娘を許します」と語っている。

社会

2020/09/07 10:40

喧嘩・女性
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

老いた母親と口論になり、アパートに立てこもったある女。警官隊やレスキュー隊も駆けつける大騒動に発展し、解決には長時間を要したという。



 

■母親と暮らしていた女

9月2日のこと、シンガポールにあるアパートで暮らすある女(50)が、老いた母親(80)と口論になった。

この女は10代の頃から精神的に不安定で、たびたび母親を困らせていたとのこと。そのため病院で治療を受けずいぶん落ち着いてはいたというが、母親とは頻繁に衝突。女は物を投げて暴れることもあったといい、過去にはソーシャルワーカーが間に入り和解を促したこともあった。


関連記事:夫に浮気疑われた妻が激怒 夫らの顔に酸をぶちまける拷問で逮捕

 

■立てこもり事件に発展

この日の荒れようは特にひどく、女は「死んでやる」と騒ぎ母親と共にアパートに立てこもった。通報を受けた警察は、レスキュー隊と現場に急行。女が屋上に行き飛び降りる可能性を想定してか、一部はアパートの屋上に行き、そこで待機したという。

また通りにいた警官らはすぐにセーフティーエアクッションを置き、女を受け止める準備を完了。また通行人が巻き添えになることを防ぐため、アパート周辺へは近寄らないよう呼びかけたという。

次ページ
■身柄を確保された女

この記事の画像(1枚)