ドライブスルーでコーヒー受け取った客が手に大やけど 店は「悪くない」と主張

こういうことがあるから、やはりドリンクはホルダーごと受け取るべきなのだろう。そんな教訓を残した一件だ。

社会

2020/09/07 11:30

ドライブスルー・コーヒー
(DragonImages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ファストフード店の従業員はドライブスルー、カウンターいずれにおいても「お客様に商品をお渡しする際には細心の注意を」と教育されている。特に気を付けるべきは、熱い飲み物が入ったカップだというが…。



 

■ドリンクホルダーを断る

ニュージーランド北島のパーマストン・ノース市にあるマクドナルドで8月17日、熱いドリンクを受け取った客が重度のやけどを負うという事故が起きた。

同市のプリンセス通りにあるマクドナルドのドライブスルーを利用し、ホットコーヒーを注文したアーレタ・モヒさん(18)。彼女は紙製ドリンクホルダーの使用を断り、素手で受け取ったという。


関連記事:ダイソー&キャンドゥ 2020夏に編集部員がガチ愛用した神アイテム3選

 

■我慢できない強い痛み

その直後、モヒさんは右手の甲に大量の熱いコーヒーをかぶり、駐車場に車を止めて店のトイレに入ると水で懸命に手を冷やした。

しかし痛みは増すばかりで水ぶくれも現れ、帰宅後に父親に付き添われて皮膚科へ。「重度の熱傷」と診断された数日後、破れた水ぶくれの下から現れた真皮は真っ赤に腫れていた。

そうした写真もSNSで公開されているが、我慢できないほどの痛みで、しばらくは仕事もままならなかったという。

次ページ
■従業員は紙ナプキンを…

この記事の画像(1枚)