東京ディズニーが買い物袋有料化を発表 意外にも「ええんやで」と歓迎の声多数

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーで無料提供されていたビニール袋が、10月1日より有料化されることが決定。ユーザーの反応はというと…。

話題

2020/09/08 05:45

東京ディズニーランド

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー内の商業施設にて無料提供している買い物袋を、10月1日より有料化することを発表。

今年7月から各地で始まったレジ袋有料化の余波がディズニーにも押し寄せてきたわけだが、ユーザーからは好意的な意見が多いようだ。



 

■デザインにも変化が

ディズニー袋

10月以降も従来の袋同様、環境に配慮したバイオマス素材を40%配合したものが使用されるが、袋のデザインが一新。現在のミッキーが両手を広げているイラストから、遠くを指差しながらミッキーが前へと歩くイラストに差し替えられるという。

ディズニー袋

現在の袋はドットマークの中に、ミッキーの形をしたいわゆる「隠れミッキー」が描かれているという遊び心満載のデザインで、ディズニーファンの心を射止めていた。

そのためオリエンタルランド公式サイトで10月1日からの新デザインが公開されるや否や、新しい隠れミッキー探しに勤しんだユーザーも多い模様。


関連記事:コンビニレジ袋の有料化で背徳感を覚える事例発生 「気まずい…」

 

■逸るユーザーも多数

また新しい袋に思いを馳せるユーザーが多い一方で、「今までのデザインもお気に入りだったのに…」と嘆きの声を上げる人々も決して少なくない。

ツイッター上には、「今月ディズニー行くからたくさん買い物しよっと」「デザイン変わると知ったせいか、9月中にディズニー行きたくなってきた…」など、袋が変わる前にディズニーをエンジョイし尽くそうというユーザーの声も。


■気になる金額は…

ちなみに今回の有料化では、サイズに関係なく袋の値段は一律で税込み20円となる。

ユーザーからは反発の声が上がると思いきや、「ディズニーの袋はそれだけで価値があるから、有料でもええんやで」「有料化しても良いから、イベントごとに袋のデザインを変えてほしい!」といった声が多数上がっていた。

・合わせて読みたい→レジ袋有料化、マイバッグの袋詰めに不安の声 「私のせいで行列になったら…」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(2枚)