大崎駅の悲しそうなキャラクターが話題 「いろいろ言われ眉がだんだん下がってきた」

JR大崎駅オリジナルキャラクターの表情が話題に。そこに込められた想いとは…

話題

2020/09/10 10:00


 

■記念イベントにも登場予定

JR東日本東京支社の担当者は、しらべぇ編集部の取材に対して「開業120周年を迎えるにあたり、大崎駅を身近に感じてもらえるように作成した」と話す。おうさきの着ぐるみはないそうで、大崎駅開業120周年のイベントの際に、販促品の作成を検討しているという。

今後の活動方針については、「駅独自のポスターへの掲載、デジタルサイネージでの独自宣伝物への掲載、大崎駅開業120周年イベントの際に、販促品等で登場予定」と述べた。


関連記事:選挙ポスターにアニメ制作会社が異例の発表 「訴えられたらまずくないですか…」

 

■魅力向上に努める

それ以外の活動については、「具体的な活動予定は検討中だが、駅や地域のイベント、駅のポスターなどに登場させていきたい」と語る。

なお、現在の掲示ポスターの最後には「そんなおうさきの笑った顔が見たい!この子を笑顔にするため、駅社員一同、大崎駅の魅力向上に努めてまいります」と今後の意気込みについて綴られている。

・合わせて読みたい→PR文が一切ない謎すぎるポスターが話題に 掲出会社にその狙いを聞いた

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(2枚)