爆問・太田、スベリ芸を極める 「2文字目で気づき3文字目で後悔する」

『太田伯山』で爆笑問題・太田光が自身の芸風を分析して…

エンタメ

2020/09/10 16:40

太田光

9日深夜放送『太田伯山 ~悩みに答えない毒舌相談室~』(テレビ朝日系)で爆笑問題・太田光が自分の芸風に関して分析。「スベリ芸」を極めていると判明した。



 

◼クレームに苦悩

太田と講談師・神田伯山がゲストの悩みに持論を展開する同番組。毒舌キャラでブレークしたファーストサマーウイカが、好感度と求められるキャラとの板挟みに苦しみながら「トガッたままで人気者でいたい」悩みを吐露する。

視聴者からの容赦のないクレームに頭を抱えているウイカは、同じく歯に衣着せぬ発言で炎上しがちな太田にアドバイスを求めた。


関連記事:爆問・太田、神田伯山からのダウンタウンいじりに苦笑 「イチイチ言わないで」

 

◼太田へのクレーム

SNSやネットがなかったため、クレームに関しては自分のもとまで届かず、上の人間が対処していたと太田は振り返りながら「ただクレームは相当来ていた」と嘆く。

ウイカは「喋りだしてから『言ってもた』なのか、言う気満々で言って『はい、(上に)始末書書いて』なのか」尋ねると、太田は「ウケると思って、しかも誰も怒らないと思って」発言していると告白。その後、発言を深く反省すると苦笑いを浮かべた。

次ページ
◼意気揚々と口を開くも…