3割が「後悔しないように生きている」と自信 休日の過ごし方に意識差も

一度切りの人生、後悔しないように生きたいものだ。しかし、ときには無駄なことをしてしまうのも人間である。

ライフ

2020/09/12 20:40


 

■休日の過ごし方

休みの日には、なにかすると決めている人も多いようだ。

「休みの日はどんなに疲れていても、できるだけなにかに手をつけるようにしている。たとえ家にいたとしても、部屋を掃除したり本を読んだりなどして過ごす。なにもしない日があると、罪悪感を感じてしまう」(20代・女性)


一方で休日は、休養に当てている人も。

「休みの日を無駄にしたくないと出かける人がいるけれど、僕にはそんな考えはまったくない。僕は休日を仕事の疲れを取る日と考えていて、1日中寝ているときもある。それでも別に、無駄な日を過ごしたとは思わない。休むことも、人間には大切だから」(20代・男性)


関連記事:バスから降りようとしたら… 運転手の行動に「クレーム案件でしょ」

 

■切り替えが大切

人生に後悔はつきもののため、それを引きずらないことが大切なのだろう。

「どのように生きても、人生で後悔は尽きないと思う。思い切って行動に移しても、結果的に『やらないほうがよかったな』と後悔することもあるから。とにかく楽しく生きるには、後悔を引きずらないことだと思う。僕ももっと、切り替えの早い人になりたい」(40代・男性)


自分にとってどうすれば楽しい気持ちになれるかが、重要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→いつまでも夢を追うのはダメ? 「諦めることも大切」と考える人は8割も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)