バーガーキング、新商品でまさかの位置にチーズを入れてしまう 「これを待ってた」

バーガーキングの新商品『チーズアグリービーフバーガー』を実食したら。想像以上にチーズが強くて…

グルメ

2020/09/12 06:30

ボリューミーでパンチのあるバーガーを数多く生み出しているバーガーキングが、11日に新商品『チーズアグリービーフバーガー』(税込740円)を発売。世間の評判も上々ということで、実際に食べてみたところ、今までにない感覚を味わうことになったのだ。


画像をもっと見る

 

■ファンも納得の味わい

発売日に新商品を購入している人は、熱心にバーガーキングを追い続けている、いわゆる「マニア」の可能性が高いだろう。

今回の新商品は、そのマニアの舌も唸らせていたようで、「こういうのを待ってたんだよ〜〜」「チーズアグリーバーガーという新商品を食べて幸せになりました」「チーズアグリービーフバーガーうまいやん」と絶賛の声が相次いでいる。

また、「チーズアグリービーフバーガー 食べる前からチーズの香りするし圧倒的にチーズ」「焼けたチーズバンズと炭焼のハンバーグの香りのハーモニーが堪らん。 しばらくお世話になりそう」といった声も多く、相当チーズを感じることができるよう。


関連記事:コメダの新商品・コメ牛、一部欠品が出るほど好評なワケがわかった

 

■バンズの見た目に驚き

記者も毎度、新商品が出るたびに購入しており、マニアまではいかずとも「ファン」だと自負している。愛情がゆえに辛口で評価をしていくと心に誓い、商品を購入。そして、開封してみると…なんだ、これは…。見慣れないバンズに驚かされる。

どうやら、これは新開発された「チーズバンズ」というバンズで、パン生地に「ゴーダチーズ」「エグモントチーズ」「モッツァレラチーズ」を付けて発酵させ、そのうえ手作業で「チェダーチーズ」を重ねて焼き上げるという、とにかくチーズづくしの一品。

手作業が多いため、通常のバンズに比べ1/3程度の数量しか生産できないという。その捨て身の精神、嫌いじゃない。

■新感覚のチーズバンズが最高

コメントにもあるよう開封しただけで、チーズの香りが漂い食欲を刺激してくる。さっそく頬張ると、チーズの風味と香りが口いっぱいに広がり確信する、旨いっ!

中段のとろけたチーズの後に、噛めば噛むほどバンズに練り込まれたチーズたちが主張を始めるため、段階的にうまくなる。なおバーガーの上下を逆にして食すと、舌にダイレクトにバンズが当たるため、より濃厚な香りとコクを堪能できる。

チーズを中ではなくバンズ側に練り込むという斬新なアイデアで、今までにない「おいしさ」を表現してしまったバーガーキング。マニアたちが頷くのも納得できると感じた。

・合わせて読みたい→ケンタッキー、辛口サンドを今日から発売 あわせて食べたい限定商品とは…

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(4枚)