高級車の迷惑駐車に激怒の住民 車体の前後にドラム缶と生魚で嫌がらせ

過剰な行動でボディやガラスを傷つければ、訴えられてしまうこともある。

社会

2020/09/13 06:45

生魚
(alexkoral/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

別の車が停められているせいで、自分の車を停められない。そんな迷惑駐車に腹を立て、嫌がらせの行動に出る人もいるようだが、保身のためにもまず冷静になるべきだろう。相手の車のボディや窓には極力触れない、これが鉄則なのだ。



 

■約2,000万円の高級車

イギリス・デボン州の最南端に位置する漁業の町サルクーム。ここで今、迷惑駐車をしていたある車に対する嫌がらせ行為が、「なかなか賢い」と話題になっている。

問題の車は、日本円で2,000万円ほどする高級車のアストン・マーティンV8ヴィンテージ。運転手は「漁師専用」というプレートを無視し、停車したようだ。


関連記事:久しぶりに会社へ行ったら社用車が走行不能に…「その原因」に思わず絶句

 

■ガムテープもペンキも使わず

その迷惑駐車に激怒した住民たちは、運転手に対して「何か嫌がらせしてやろう」と考えた。しかしアストン・マーティンは大変高価な車。そのためボディやガラスを傷つけることなく、それでいて強い不快感を与えられる方法はないかと模索したようだ。

最終的に選ばれたツールは、たとえばガムテープやペンキといった除去に苦労する物ではなく、漁師の町ならではといえるナマの魚1尾、そして大型のドラム缶だった。

次ページ
■車体の直後に重いドラム缶

この記事の画像(1枚)