幸せな姉一家から厄介者扱いだった48歳弟 義兄ら4人を惨殺して自殺

姉は幸せな人生を送っているのに、弟は周囲の誰ともうまくやっていけない性格だった。

社会

2020/09/13 06:30

銃
(thawornnurak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人柄の良さで学校、職場、教会、そして町内の誰からも愛され、優秀ゆえ様々な分野で活躍していた非の打ち所がない一家。だが彼らには、目の上のたん瘤とも言える脅威の存在が身内にいた。



 

■現場は血の海

カナダ・トロント市の東に位置するオシャワ。今月4日の朝、パークレーン・アベニューの民家で家主の男性が3人の子供とともに拳銃で殺害されるという陰惨な事件が発生した。

クリスさんの妻で、子供たちの母親である50歳のロレッタ・トレイナーさんも重傷を負っており、命に別状はないが、現在も病院で治療が続けられている。


関連記事:食事の恩を仇で返す? 貧しい住民が裕福な一家の娘を強姦し殺害か

 

■大学生の息子だけ無事

この事件で死亡したのはクリスさん(50)、ブラッドリーさん(20)、アデレードさん(15)、ジョセフさん(11)のトレイナー家の4名。大学で自宅を離れていた息子のサムさんだけが、唯ひとり難を逃れていた。

事件の被疑者であるマニトバ州ウィニペグのミッチェル・ラパ(48)はロレッタさんの実弟で、本人も事件後に拳銃自殺を図り、死亡が確認されている。

次ページ
■世間の鼻つまみ者

この記事の画像(1枚)