幸せな姉一家から厄介者扱いだった48歳弟 義兄ら4人を惨殺して自殺

姉は幸せな人生を送っているのに、弟は周囲の誰ともうまくやっていけない性格だった。

社会

2020/09/13 06:30


 

■世間の鼻つまみ者

トレイナーさん親子はスポーツ万能で、クリスさんは地域の野球チームのコーチとして慕われ、ロレッタさんとの夫婦仲も良好。子供たちも誰からも愛されており、一家は揃って評判が良かった。また、カトリック教会の熱心な信者でもあったという。

一方で、被疑者のミッチェルは世間や親族から鼻つまみ者として嫌われていた。姉も長いことこの弟を「目の上のたん瘤」さながらに疎んじていたと、『トロント・サン』紙が報じている。


関連記事:自殺願望男が一家の父を巻き込み即死させる わずか7年の実刑判決に批判殺到

 

■妬みや報復の可能性も

犯行は、姉一家への妬みや冷たくされたことへの報復行為だった可能性も高いとみられるが、ダラム警察は犯行動機に結び付く証拠を探しており、被疑者のミッチェルに関する情報提供の協力を広く呼び掛けている。

また最愛の家族を4人も失い、ショックでひどく打ちのめされているロレッタさんや息子のサムさんを多くの人が心配している。知人がクラウドファンディングのページを開設し、善意の人々に呼びかけたことから、日本円で1,000万円を超える寄付が集まっているという。

・合わせて読みたい→20日間で3件の強姦殺害事件 不仲な家同士がいがみ合った犠牲か

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)