目の腫れや高熱で死にかけた19歳女性 鼻の吹き出物を潰しただけで…

鼻の周辺や唇の周りにできる赤い丘疹。これを、決して不潔な指で触ったり潰してはならないそうだ。

社会

2020/09/13 18:20

鼻
(Kiwis/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

鼻の頭にポツンと現れる赤い面疔(めんちょう)。この吹き出物は要注意だ。気になって触ってしまった後に深刻な病を発症した場合、抗菌剤での速やかな治療が行われなければ、命を落としてしまうことも。また、助かったとしても重い後遺症が残るかもしれないという。



 

■赤い吹き出物が気になり…

中国・浙江省寧波市在住のヤンさんという19歳の女性が、鼻の頭にできた赤い吹き出物「面疔」を潰して中身を排出させた。しかし、その何気ない行為のせいで、彼女は死の淵をさまようことになってしまった。

面疔を潰した少し後、右の眼に現れた異変に気付いたヤンさん。眼球が突出して瞼が腫れ、痛みもあるなか、激しい頭痛と悪寒で38.9度の高熱が出た。


関連記事:15分の留守番中に起きた惨事 マンション29階から4歳児が転落し重傷

 

■海綿静脈洞血栓症

中国科学院大学寧波華美医院に運ばれたヤンさんは、何かに感染したという自覚もないなか髄膜炎を思わせる症状を訴えており、脳神経科のハン・クン医師はただちに画像検査を行った。

医師はその結果、ヤンさんの右目の眼窩の奥に位置する、海綿静脈洞と呼ばれる脳の下の空洞部分に血栓を発見。ヤンさんには「海綿静脈洞血栓症」という病名が下された。

次ページ
■「死の三角形」

この記事の画像(1枚)