「娘に乱暴した復讐だ」 繁華街の歩道で40代の父親が男を刺殺

かわいい娘が性的に乱暴されたと知ったら、親は誰も怒り狂うことだろう。しかし極端な行動に出るのは禁物だ。

社会

2020/09/13 17:00

ナイフ・男性
(redstallion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

我が子が性的暴行の被害にあったと聞き、怒りの感情を抑えきれなかった父親。彼は、たとえ娘の元を離れて刑務所に入ることになっても構わない、そう覚悟を決めると「復讐」に出た。



 

 

■首の付け根を刺す

事件は9月1日、メキシコ・グアナファト州レオン市の繁華街で起きた。

知人との談笑を終え、歩道をゆっくりと歩き出した白いYシャツ姿がビジネスマン風の中年男性。その正面に向かってポロシャツにジーンズ姿の男が突き進み、中年男性はその男が手にしていた鋭い刃物で首の付け根をいきなり刺された。

この事件で死亡したのはデヴィッド・エンリケさん。刺し傷は深く、搬送先の病院で翌日に息を引き取っていた。


関連記事:15歳妹の恋愛に22歳の兄が激怒 デート相手を刃物で刺し生きたまま燃やす

 

■大人しく降伏

加害者の男はルイス・マヌエル容疑者(40)。事件直後、現場には数名の男性が駆け寄ったが、彼らに対しマヌエル容疑者がまったく抵抗しなかったこともわかってきた。

付近の防犯カメラの映像がメディアに公開されたが、ひとりの男性はエンリケさんの体を執拗に踏みつけるマヌエル容疑者を背後から静かに引き離しており、警察にも身柄はスムーズに引き渡されている。

次ページ
■強い殺意と計画性

この記事の画像(1枚)