母親の恋人に妊娠させられた10歳少女 中絶を認めない医師に批判集まる

母親の恋人に乱暴されているという事実を、誰にも相談することができなかった10歳の娘。その男の子を宿し、月経が止まっても黙っていた。

社会

2020/09/14 11:00

少女虐待
(Giulio_Fornasar/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

海外では、望まない妊娠をした女性の中絶を認めないという国が少なくない。また、そういう国では強姦被害など合法な理由があったとしても、中絶の希望を受け入れない病院が圧倒的に多いという。そんな話題がアルゼンチンから伝えられた。



 

 

■母親の恋人に強姦された少女

アルゼンチン・コリエンテス州のモンテ・カセロスにある大型の産婦人科病院。ここに、もうすぐ帝王切開で男の赤ちゃんを出産する11歳の少女が入院している。

その母親は当時10歳だった少女を連れ、31歳の男の家で同居生活をしていたが、関係が悪くなり今年初めに破局。家を出た2ヶ月後、少女のお腹が大きいことに祖母が気付き、そこで強姦の被害と妊娠が発覚した。


関連記事:13歳少女を強姦し妊娠させた男に実刑判決 DNA鑑定の結果からは逃れられず

 

■医師が中絶に反論

母親と娘は直ちに産科を受診し、中絶を希望すると告げた。しかし医師は「手術は危険。頑張って産み育てて」と諭すばかりだった。ますますお腹は大きくなり、最近では地元の教会が少女のためにベビーシャワーを主催。祈りを捧げ、大量の育児用品を贈った。

強姦の被害を長いこと隠していた少女の苦悩を考えれば、おめでたいと祝福するようなケースではないはずだが、教会側は「赤ちゃんも大切な命、祝福を受ける権利がある。性的暴行を働いた男にはいずれ裁きが下ることを期待したい」と話したという。

次ページ
■ブラジルの被害者少女は…

この記事の画像(1枚)