『あさイチ』博多華丸、箸の持ち方の多様性に驚愕 論争勃発でトレンド入り

『あさイチ』で箸の持ち方について取り上げる。ネットでは大きな議論を呼んだ。

エンタメ

2020/09/14 14:30

博多華丸
(写真提供:JP News)

14日放送の『あさイチ』(NHK)では、箸の持ち方にフォーカス。ツイッターでは「箸の持ち方」がトレンド入りし、大きな議論を呼んだ。



 

■華丸も驚愕

箸は日本人の生活にとって欠かせないものであり、幼少期に「正しい箸の持ち方」を大人から指導を受けた経験のある人も多いだろう。しかし、その指導がなかなか身につかず、自己流の持ち方をしている人も少なくない。

番組では独自のアンケートを実施し、全体の50.5%が「正しい持ち方で箸を使っている」と回答し、残る半数が自己流の箸の持ち方をしていると紹介した。これを受け、番組MCの博多華丸は「結構直されるイメージですけどね…」と驚いた様子を見せた。


関連記事:「直箸は許せない」最も多いのは10代女性 新型コロナ流行で意識変化も

 

■ネット上では意見が分かれる結果に

また番組では、箸の持ち方について「変わった持ち方だけど食べられる」といった意見を紹介。これを受け、番組MCの博多大吉は大きく頷きながら「確かにね…」と漏らしていた。

この放送を受け、ツイッターでは「食べられるなら問題ない」「箸の持ち方を気にしすぎるとストレス溜まる」といった声が寄せられていた。

一方で、「箸を正しく持てない人は商談に連れて行けない」「生理的に無理」といったコメントも多数見られた。どうやらネット上では、箸の持ち方に寛容派と狭量派で意見が大きく割れているようだ。


■箸の持ち方に寛容な人は…

ちなみに、しらべぇ編集部が以前、全国20〜60代の男女1,354名を対象に調査したところ「箸の持ち方に寛容である」と回答した人は全体の47.9%と判明した。

箸の持ち方に寛容か

ネット上では「色んな持ち方をする人がいてもいい、押し付けは良くないよ」といったコメントも。箸の持ち方の多様性を認めることが、令和のスタンダードになるのかもしれない。

・合わせて読みたい→「仕事に和暦表記は必要」最も多いのは60代男性 西暦と混在する会社も

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)