スタバ、タンブラーへのドリンク提供再開も… 必ず確認すべき注意点が

感染症対策のため、一時的に中止されていた持参タンブラーへのドリンク提供。9月16日より再開されるのだが、事前に確認すべき注意点が

グルメ

2020/09/14 16:40

スターバックス「リユーザブルカップ2020SAKURA」
(写真は2020年春の限定デザイン)

スターバックスコーヒージャパンは、新型コロナウイルス感染症対策のため、一次的に中止していた「持参したタンブラーへのドリンク提供」を、9月16日(水)より再開することを発表。

店舗での感染症対策のため、これまでにはなかった注意点も呼びかけられている。



 

■中止されていたサービスが再開

新型コロナウイルス感染症対策のため、一時期は13都道府県の店舗を休業、その他の地域でも店内利用を中止するなど、感染症対策に努めてきた同社。

全国の店舗で店内の利用が再開された後も、客が持参したタンブラー等へのドリンク提供については再開が見送られてきた。

そうした中今月4日に「タンブラー等の飲料容器でのドリンク提供を、9月16日(水)より再開」すると発表されたのだ。


関連記事:ノーブラより楽? 鈴木紗理奈、育乳ブラ姿で「わたし、ボインじゃね?」

 

■表面のアルコール消毒が行われる

しかし、タンブラーなどを利用する際には、これまでとは違い、注意すべき点も。

感染症対策のため、客からタンブラー等を受け取った後、容器表面のアルコール消毒を行うため、アルコール消毒に適さない材質や表面加工が施されているものについては注意が必要だ。

手持ちのタンブラーの材質や表面加工などについて、予め確認しておく必要がある他、店舗でタンブラー等を洗浄してもらうことはできないので、必ず自身で洗浄・除菌等を行い、清潔な状態で持っていくようにしよう。


■サービス再開に歓喜の声

環境への取り組みで、タンブラー等を持参すると20円引きになるという、広く親しまれてきたこのサービス。

シーズンや地域ごとにデザインが異なるタンブラーを集めているファンも多く、サービス再開の吉報に、インターネット上では「タンブラー復活するんだ嬉しい」「お気に入りのタンブラー使えるの嬉しい」「堂々と割引が受けられる…」など、歓喜の声が続々とつぶやかれている。

今後は利用する側も感染症対策に努め、お互いがより安心できるよう心がけたい。

・合わせて読みたい→牛角、感染症対策のための「早割食べ放題」 その内容がお得すぎる…

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)