女優・芦名星さん死去 直近インタビューでは将来に向けた意欲語るも…

女優の芦名星さんが14日、東京都内の自宅で亡くなっていたことがわかり、ネット上にはショックの声が上がっている。

女優の芦名星さんが14日、東京都内の自宅で亡くなっていたことがわかった。36歳だった。

現在、警視庁が詳しい状況を調べているところだが、一部メディアでは自殺とも報じられており、自宅で亡くなっているのを親族が見つけたという。


画像をもっと見る

 

■モデルから女優へ

芦名さんは2002年にモデルとしてデビューし、『CanCam』(小学館)などのファッション誌に出演したのち、同年6月に女優デビューを果たす。

以降、『仮面ライダー響鬼』『信長のシェフ』『八重の桜』などの話題作に出演し、今年1月から3月まで放送されたドラマ『テセウスの船』にも出演していた。


関連記事:新人AV女優・夏目響、偶然出会ったファンに「内緒ですよ…」と神対応

 

■この日発売の『週プレ』には…

芦名さんは、14日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)のグラビアページに約10年ぶりに登場していた。

新たな分野へのチャレンジを期待されていた矢先のことで、同誌のweb版にはインタビュー記事が掲載されており、今後チャレンジしてみたいことについて「いっぱいありすぎて悩みます。ドラムもやりたいし、アクションのお芝居もやりたい。それに最近は、日本酒も勉強中です」と意欲を語っていた。


■ネットではショックの声

芦名さんの突然の訃報に、インターネット上では「突然で絶句」「いったいなにが…」「自殺が立て続けに起きているのは、痛ましい」「才能ある女優さんなのにどうして…」とショックを隠しきれないファンからのコメントが多数。

一方で、36歳という若さでこの世を去った芦名さんを思い、「美人薄命とは言うけれどさ…あんまりにも早すぎ」「魅力的な女優さんだった」と悔やむ声もつぶやかれている。

・合わせて読みたい→水着NG美女・七ツ森りり、衝撃のAVデビュー 胸元ざっくり衣装で抱負を語る

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(4枚)