横粂勝仁弁護士、『バイキング』坂上忍の呼び捨て問題に「ウェルカムです」

弁護士の横粂勝仁氏が個人の公式YouTubeチャンネル『横粂ゼミ』を開設。チャンネルの内容についてインタビューを実施した!

横粂勝仁

弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏が今年7月に、公式YouTubeチャンネル『横粂ゼミ』を開設した。今回は同チャンネルの見どころについて聞くためインタビューを実施したのだが、本人からは「強みはあまりない」とまさかの回答が…。

現役の弁護士というだけでなく、元衆議院議員という経歴、さらには『あいのり』(フジテレビ系)出演経験もあり、YouTubeをする上で武器をたくさん持っているように思われるのに、一体なぜなのか。

さらに、専門家集団の一人として出演する『バイキング』(同系)で、番組MCの坂上忍から呼び捨てにされているという、ネット上で一部の視聴者がざわついている問題についても話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■苦戦は想定内?

横粂勝仁

―――今年の7月に『横粂ゼミ』を開設されましたが、始めてみていかがですか?

横粂:「世の中の出来事を3分程度で解説する」というコンセプトでスタートしたのですが、なかなか鳴かず飛ばずで(笑)。じつは、この苦戦というのは想定していたんです。


YouTubeを始めるときにも、スタッフさんに「我ながらそんなにいかない(再生数が伸びない)と思います」と言っていたくらいなので。


私が弁護士で、政治家もやって、コメンテーターもやっているということもあって、スタッフさんには「いやいや! いきますよ!」とフォローしていただきましたが、「いや、私はいかないと思います」と何度も押し問答して(笑)。


でも、せっかく「やりましょう」と声をかけてもらったので、始めてみることにしました。


―――そんな押し問答が(笑)。現状を想定されていたということですが、どういった理由でそのように思われたのですか?

横粂:YouTubeには今、一流の芸能人、スポーツ選手の方が参入されていて、その人の専門性であったり、その人にしか話せないことがあったりすると思っているのですが、私の場合、「横粂じゃないと話せない」というものはないので、今アップしているような動画だと、苦戦して当たり前だなという感じですね。


ですので、チャンネルの内容を新しくリニューアルして、(動画制作の)プロの方にも参加いただいて、企画動画もやっていくことになりました。


関連記事:手越祐也、YouTube初コラボの相手が意外すぎる 「好感が持てる…」

 

■じつは10年前にユーチューバーだった

横粂勝仁

―――1本目にアップされた動画によると、じつは10年前にもYouTubeデビューはされていたんだとか。

横粂:はい、ベテランユーチューバーです! 当時はまだYouTubeの社会的認知が今ほどではなくて、おそらく私が日本初政治家ユーチューバーだったと思います。


ただ普通に政治的なことを喋って、編集もしていないものを出してるだけだったので、よくある政治家の自己満足で、本当につまんなかったと思います(笑)。


―――それはちょっと何ともコメントしづらいところではありますが…(笑)。今回は弁護士として改めてスタートということですが、当時とはYouTubeに動画をアップすることで変化をやはり感じられますか?

横粂:当時はYouTubeがまだスタートしたばかりの時期で、動画を撮ってアップするだけで価値があったと思うのですが、今はもうただ垂れ流すだけの動画は興味を持ってもらえない、選択される時代です。


どういうジャンルで、どういう切り口で動画を作るか、目的がはっきりしていないと見てもらえない時代に突入しているので、そこに対して適応していかないとなと考えていますね。

次ページ
■『バイキング』の準備は入念

この記事の画像(13枚)