脚本家・中園ミホ、NHK新番組でダメ出しの真髄知り「ドラマにも活かせる」

「ダメ出し」をテーマにしたNHK Eテレの新企画はスタート。収録には数々の大ヒットドラマを手がけた脚本家の中園ミホさんが出演し、「ダメ出し」の極意に迫った。

NHK Eテレで注目の新企画『社会実験ドキュメント サビ抜きで。』が15日22:50より放送される。

日本人から「ダメ出し」を抜いたらどうなる? というテーマの30分で、番組に出演した脚本家の中園ミホさんに話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■「サビ抜き」で部下は変わるか?

番組では、さまざまな現場で日々起こっている「ダメ出し」をあえて無くしてみるという実験を行なった。カリスマトレーナーの筋肉トレーニングの効果は上がったのか、下がったのか。スパルタ指導で有名な木工所の親に付く弟子にはどんな変化が…? 欠かせないモノを引いた時、どんな予想だにしない結果が待っているのかを、VTRを見ながら小籔千豊や社会心理学者の繁桝江里さんらと検証する。

『やまとなでしこ』『anego(アネゴ)』『ハケンの品格』『Doctor-X 外科医・大門未知子 』など数々の大ヒットドラマの現場に携わった中園さんは、「ダメ出し」についてさらに考え方が変わったと明かす。


関連記事:シンプルだけど深い叶恭子の格言 うまくいかない時にしてはダメなこととは

 

■「悪いほうの例を…」

———番組では色々な「ダメ出し」の考え方が出てきましたね。

中園:今後の自分の仕事にも、家族との関係にもいかせるお話がたくさん聞けて面白かったです。

けっこう「ダメ出し」で私が失敗してきたんだなとも思いましたね(笑)。あの時、ああいったからいけなかったんだとか。特に息子との関係ですが、頭ごなしに色々ダメ出ししてしまっていたなぁと。悪い例のほうをやってきてしまってましたね…。

お仕事でも「ああいう言い方したから心に響かなかったのかな」「ああいう言い方されたからムカついたのかな」とか、先生と小籔さんの話を聴きながら、過去のダメ出しをアレコレ思い出していましたね。すごく勉強になりました。ためになる番組。

次ページ
■ドラマにも活かせる知見

この記事の画像(4枚)