三四郎・小宮が共演NG芸人を実名告白 「可哀想だよ」「笑えるわ」と様々な反響

15日放送の『ロンドンハーツ』にて、三四郎の小宮浩信が、苦手なタレントと「共演NG」の芸人を実名で告白した。

エンタメ

2020/09/16 08:00

三四郎・小宮浩信

15日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演した三四郎・小宮浩信が、「苦手なタレント」と「共演NG」の芸人を実名で告白。笑いや同情など、視聴者から様々な反応が上がった。



 

■過去のトラウマが…

同日放送されたのは、人気芸人たちの「NG仕事」を探る隠し撮り企画。マネージャーから呼び出された小宮はNGを聞かれたが、「全然ない」と芸人らしい心意気を見せる。

しかし話を進めていくと、ドランクドラゴンの鈴木拓を「共演NG」に指定。理由については、以前の共演でケンカをするくだりになった際、首を締められたことで「1週間くらい声がガサガサになった」と苦い過去を明かした。


関連記事:フジモンが約10年間「共演NG」にしている人気芸人の正体にスタジオ騒然

 

■鈴木だけはNG

さらに、「他います? 苦手な共演者とか」と聞かれた小宮は、「中尾さんダメ」と俳優・中尾彬の名前を挙げる。理由は、中尾が仕掛け人の同番組ドッキリで、隠し撮りされていると知らなかった小宮が暴言を連発したためだ。

以降会ってもいないので気まずいらしく、「NG」まではいかないが「隣とかだとキツイ」と本音を漏らした小宮。また、『アメトーーク!』(同系)で確執が生じた宮下草薙の宮下兼史鷹も、NGではないがプライベートだとキツイと告白する。

小宮からは計3名の名前が上がったが、のちに「共演NG」というほど忌避しているのは鈴木だけだと明かしていった。


■視聴者の反応は様々

名指しまでしたNG相手とその理由に、ネット上では「締め技とか関節技ってトラウマになりやすいから可哀想だよ」「気持ちが萎縮してしまうんだよきっと」など、小宮に同情し理解を示す声が。

一方、「バイオレンスな鈴木拓に批判止まらない小宮さん笑う」「小宮さんのNGラインナップ独特(笑)」「鈴木と小宮顔似てるのにNGは笑えるわ」など、忌憚のない本音に対する笑いも上がっていた。

その後、スタジオには鈴木本人が登場し、萎縮する小宮と握手を交わして和解。形式上かもしれないが、一応「NG」は解消となったようだ。

・合わせて読みたい→『ラブライブ』黒澤ダイヤ役・小宮有紗 “おうちすっぴん撮”写真集を発売

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太