ファーストサマーウイカ、上司からのSNS友達申請は「空気が読めていない」

『太田伯山ウイカのはなつまみ』で上司からのSNS友達申請について激論して…

エンタメ

2020/09/17 10:40

ファーストサマーウイカ
(写真提供:JP News)

16日深夜放送『太田伯山ウイカのはなつまみ ~新時代の価値観バラエティ~』(テレビ朝日系)で、上司からのSNSの友達申請について激論。

SNSに傾倒するファーストサマーウイカ、SNSをまったくやらない爆笑問題・太田光と会社員でもあるテレビ朝日・弘中綾香アナらがそれぞれの持論をぶつけ合った。



 

◼上司がSNSを始めて…

太田と講談師・神田伯山、ウイカら芸能界の鼻つまみ者(厄介者)が集まり、世の中の「はなつまみもの」の対処法を見つけ出すのが同番組の趣旨。

最近SNSを始めた上司が「SNSやってたよね、僕のもフォローしてよ」としつこく友達申請してくる。

仕方なく承認すると、「みんなと呑みに行ってるじゃん、俺も行きたかった」「この店知ってるよ、今度行こう」とSNSを確認して話しかけてくるようになったと、会社員ならではの悩みが明かされた。

このSNSで友達申請をしてくる上司ははなつまみものかどうか、太田らは議論を交わしていく。


関連記事:ファーストサマーウイカ、毒舌キャラでのブレークに悩み 「生きづらい」

 

◼若い世代は否定的

ウイカは「やり方が気持ち悪いっていうかヘタ」だと、上司が「フォローして」と部下に友達申請を承認させようとする行為自体がダメだと指摘。「上司でも見せてもいい人とちょっとイヤだなって人がいる」とプライベートの情報を載せているSNSを上司に見られるのは抵抗があると明かす。

弘中アナも「空気を読んで友達申請してくるな」と仕事とプライベートは線引きしたいとそれに共感した。

太田は「部下と仲良くしようとするのはダメなんですか?」と上司側に立って質問。ウイカは「会社で権力を使って半ば強制的に『フォローしてよ』っていうのは空気が読めていない」と切り捨てた。

次ページ
◼嘆く太田