神田伯山、手土産にもらった『とらや』で悲劇 「開けたらまさかの…」

『太田伯山ウイカのはなつまみ延長戦』で神田伯山が手土産のとらやの羊羹について語り…

エンタメ

2020/09/17 17:20

神田松之丞

16日深夜放送『太田伯山ウイカのはなつまみ 延長戦 ~新時代の価値観バラエティ~』(テレビ朝日系)で講談師・神田伯山が手土産について力説。羊羹で有名な『とらや』を手土産としてもらったさいに起きた悲劇を語った。



 

◼部下に買い物を頼んで…

世のなかにいる嫌われ者・厄介者といった「はなつまみもの」の対処法を、芸能界のはなつまみ三人衆、伯山と爆笑問題・太田光、ファーストサマーウイカが探っていく同番組。

会議などの買い出しで、上司のポケットマネーで「好きなものを買ってきて」と頼まれた部下が「自分が使うシャンプー」を買ってきた、という話題から、この部下がはなつまみものか検証する。

ウイカは「シャンプーは極端だけど、コンビニなら(他のモノなら)ありそう」と理解を示したが、太田は「好きなモノって言っても食べ物だってわかるよね、これはさすがに怒る」と察しの悪い部下への怒りを滲ませた。


関連記事:爆問・太田、スベリ芸を極める 「2文字目で気づき3文字目で後悔する」

 

◼若い世代の行動

ここからジェネレーションギャップで、理解できない部下や後輩の行動で場が盛り上がっていく。

太田は、相方の田中裕二と若いスタッフとのやり取りを振り返る。和田アキ子の誕生日用に「新宿の伊勢丹で高級な和菓子を買ってきて」と田中は若いスタッフに頼んだのだが、普通のキャラメルを買ってきた。

スタッフが「探したけど伊勢丹に和菓子屋さんがなかった」と言い訳すると田中はブチギレ。「新宿の伊勢丹に和菓子屋さんがなかったら事件になってる。臨時ニュースになってるからテレビつけろ」と説教したと明かす。

次ページ
◼気の利かない人は多い?