『スーパーマリオ3Dコレクション』に一部ファンから悲しみの声 「なんで…」

『スーパーマリオ 3Dコレクション』が9月18発売。『スーパーマリオ64』の「ケツワープ」をめぐり、ユーザーからさまざまな声があがっている。

グッズ

2020/09/18 12:20

任天堂は18日、ニンテンドースイッチ用ソフト『スーパーマリオ 3Dコレクション』(税別6,480円)を発売。懐かしのマリオシリーズに胸を弾ませるファンが多い中、一部の「マリオガチ勢」が落胆して話題になっている。



 

■人気作3本が1つのソフトに

本作は、名作と名高い『スーパーマリオ64』『スーパーマリオサンシャイン』『スーパーマリオギャラクシー』の3本が1つのソフトに入ったもの。マリオブラザーズ35周年特別タイトルグラフィックはHD画質に対応したほか、ニンテンドースイッチで遊びやすいように、タイトルごとに少しずつリニューアルされている。

また、メインテーマや、フィールド曲、戦闘曲などの楽曲が「サウンドトラックモード」として収録されており、音楽だけでも楽しめる。


関連記事:任天堂、Switchで超名作の神ゲーを配信 「激アツすぎる」

 

■「ケツワープ」が話題に

豪華3本セットということもあって発売前から大きな話題になっており、SNS上で「早く遊びたい」「懐かしい!」「青春だった」など期待する声が相次いでいた同作。発売後、ツイッターでは関連ワードが次々とトレンド入りしている。

中でも注目されたのは『スーパーマリオ64』だ。同作といえばさまざまな小ネタもバグ技が満載で、ゲームクリアのタイムアタックイベントでも常連の作品なのだが、その中で後ろ幅跳びを連続して行なうことでマリオの移動が超加速する「ケツワープ」の存在はかなり大きかったという。


■ガチ勢が落胆

しかし、今回の『スーパーマリオ 3Dコレクション』はこのケツワープができないバージョンではないかといわれている。

64版でもすでにこの技できないバージョンがあったが、同作を代表する技だったために、「ケツワープできないのか…」「世界中からケツワープが期待されてたのに」「なんで修正したんや」と落胆するユーザーも。ツイッターでも「ケツワープ」がトレンド入りし、「本当にできないの?」「検証求む」といった声がみられた。

通常通り遊ぶぶんには必要のない技だが、それだけファンたちがさまざまな工夫を凝らしながらマリオを遊んでいたということだろう。

・合わせて読みたい→レジ袋有料化による客の「レジハラ」が続出 『グッとラック』の特集が話題に

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一