「10万円の給付金は焼け石に水」50代男性は6割も 今後の支援に期待の声

新型コロナに対する経済支援として、10万円の特別定額給付金が支給されたことを、どのように評価しているのか。

政治

2020/09/19 11:00

新型コロナウイルスの感染拡大に対する経済支援として、1人10万円の特別定額給付金が支給されたのは記憶に新しい。しかし10万円だけでは、意味がないと考える人もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■「10万円は焼け石に水」半数も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に調査したところ、全体の48.6%が「国から10万円の一律給付を受けても焼け石に水だと思う」と回答した。

国から10万円の一律給付を受けても焼け石に水だと思うグラフ


関連記事:千代田区で一律12万円の現金給付が決定 羨む声続出の一方で鋭い指摘も

 

■さらなる支援が必要

性年代別では、多くの年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

国から10万円の一律給付を受けても焼け石に水だと思う性年代別グラフ

10万円以外にも、続けて支援していくべきだとの声が強い。

「1人につき10万円は大きい額だと思うけれど、新型コロナによる経済への影響は大規模なもの。これからもさまざまなアプローチで、支援していく必要があると思う」(30代・男性)


「個人的に10万円が入るのはうれしかったけれど、これだけでは新型コロナへの対策にはならないと思う。厳しい状況にあるところには、さらなる支援をしていくべき」(40代・男性)

次ページ
■10万円をもらえただけで

この記事の画像(3枚)