異常に嫉妬深い男が婚約者を焼き殺す 懲役わずか15年の実刑判決に疑問の声も

この俺から離れないよう、思い切り怖がらせてやろう。そう考えた男が、とんでもない行動に出た。

社会

2020/09/20 09:40


 

■搬送先で死亡

近所で暮らす人たちは、毛布を持ち女性のもとへ。慌てて火を消し救急車を呼んだといい、女性はその後に病院に搬送された。

治療にあたった医師団は命を救うべく尽力したが、女性は体表面積90パーセントがやけた状態で救いようがなく、8日後に息を引き取った。


関連記事:「付き合わないなら醜くなれ」 復縁断る元恋人に酸を浴びせた男が逮捕

 

■男に下された判決

女性の死から1年以上。裁判で男は「怖い思いをさせたかったのです」「捨てられたくない一心でした」「(あのような結果になったのは)アクシデントにすぎません」と述べ、殺意はなかったと主張した。しかし裁判所は男の行為を殺人とみなし、懲役15年の実刑判決を下した。

まだ22歳。明るく社交的だった女性は、嫉妬に狂った男のせいで悲惨な死を迎えた。この実刑判決については「短すぎる」という声も多く上がっており、「一生刑務所に入れておけばいい」「同じ目に遭わせるべき」というコメントもインターネットに多数書き込まれている。

・合わせて読みたい→デートを断られ「別れたがってる」と思い込んだ男 恋人をめった刺しにして実刑判決に

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)