20代男性の2割が「東京五輪延期で損失」 観光業や宿泊業の人たちの悲鳴

新型コロナウイルスの感染拡大により、東京オリンピックは延期になった。五輪延期により、損した人もいるだろう。

ビジネス

2020/09/20 09:00

新型コロナウイルスの感染拡大により、東京オリンピックは延期に追い込まれた。そのため損失を受けた人もいるだろう。


画像をもっと見る

 

■「東京五輪延期で損」1割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に調査したところ、全体の8.5%が「東京五輪延期で損したことがある」と回答した。

東京五輪延期で損したことがあるグラフ


関連記事:2021年に延期の2020東京五輪 来年の開催予定にも不安広がる

 

■観光業に就く人が

性年代別では、20代男性が高い割合になっている。

東京五輪延期で損したことがある性年代別グラフ

観光業などに就く人が、五輪延期の影響を感じているようだ。

「観光業に就いていて、会社もオリンピックには期待していた。しかし延期になり、予定が狂ってしまった。そもそもコロナの影響もあり、会社の状況はかなり厳しい」(20代・男性)


「宿泊施設で働いているけれど、東京五輪の延期は大きな打撃になった。さらに新型コロナの問題も長引いているので、先が見えない状況が続いている」(30代・男性)

次ページ
■五輪延期の影響はないが

この記事の画像(3枚)