雛形あきこ、夫・天野浩成との馴れ初め告白 「最初は天野やべーなって思ってた」

『ボクらの時代』に俳優の雛形あきこ&天野浩成夫妻が出演。2人の馴れ初めや、結婚時期について語った。

エンタメ

2020/09/20 14:30

雛形あきこ

20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に俳優の雛形あきこ天野浩成夫妻が出演。2人の馴れ初めや、結婚の時期について語った。



 

■「天野やべー」

雛形と天野は2007年のドラマ『愛のうた!』の共演をきっかけに交際に発展し、2013年に結婚。ドラマ撮影中は30回近くランチをしたというが、雛形は天野に対して「変わっている人だなと感じていて、現場でも『天野やべー』と思っていました」と最初の印象を述べる。

しかし、天野の人となりを知るにつれて「変わっているんだけれど、すごく優しくて面白い人だなという感情が積み重なっていきました」と雛形は笑顔を見せる。


関連記事:ノンスタ井上、番組で激推ししたグラドルを口説いていた 「テレビ使って自分の女を…」

 

■入籍のタイミングは娘との関係性

出会ってから6年の歳月を経て結婚となったが、雛形は「私は再婚なので……」と籍を入れるタイミングは難しかったよう。

前夫との間に2000年、長女を出産した雛形。「娘がどれぐらいの年齢になったとき入籍をしたらいいのか考えていました」と述べると、舞台などで家を空けるとき、娘と天野の関係性を見て「本気で思ってくれているんだな」と決心がついたようだ。

次ページ
■もし不倫されたら……

この記事の画像(1枚)