ケンコバ、瀬戸大也選手の不倫報道でコメント拒否 「何も喋りたくない」

競泳・瀬戸大也選手の不倫報道について、ケンドーコバヤシが「何もしゃべりたくない」とコメント。理由にスタジオが爆笑する。

エンタメ

2020/09/25 05:30

ケンドーコバヤシ・ケンコバ

タレントのケンドーコバヤシが、24日放送の『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)に出演。一部週刊誌が報じた競泳の瀬戸大也選手の不倫報道について、「何もしゃべりたくない」と話した。



 

■ブーメラン対策でコメントを拒否

番組では、瀬戸選手の密会について特集。コメントを求められたケンコバは、「ちょっと真面目に話させていただくと…」と切り出して一呼吸置いてから、「もし僕が将来、不祥事を起こすとしたらこれしかないと思うんですよ、不倫しか。だから、ブーメランを恐れて、何も喋りたくないです」とコメントを拒否。

出演者から「(不倫を)やらなきゃいいんですよ」とツッコミが入るも、「ブーメラン対策は、ブーメランをまず投げないことだと聞いたんで…」と再度拒否して笑いを誘った。


関連記事:小倉優香、降板直訴のラジオ欠席 アンガ田中は「芸能史上一番ひりつく場面」

 

■視聴者たちも爆笑

将来起こりうるかもしれない自身の不倫報道を恐れてコメントを拒んだケンコバに、スタジオの出演者たちは爆笑。ネット上でも「最高(笑)」「『真面目に話させてもらうと』のフリが良かった」「賢い判断」といった声があがっている。

ケンコバといえば、昨年11月にお笑いコンビ・千原兄弟の千原せいじの不倫が報じられた際も、「隠しもしない、嫉妬です」と笑いを誘いつつも、「奥さんとかお子さんとか家族は激怒していい。シバいてもいいと思う。寝てるところアゴ蹴ってもいい」と家族をフォロー。

そのうえで「でも僕が怒るのは筋違い」とも話していた。深くまで口を挟まないのがケンコバの流儀なのだろうか。


■「他人がとやかく言う必要ない」が6割

ワイドショーで不倫報道を扱う場合、不倫に怒るコメンテーターがいる一方で、ケンコバのように「ほぼノーコメント」というケースもある。ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,653名に調査したところ、63.6%が「芸能人の不倫に他人がとやかく言う必要はないと思う」と回答している。

不倫報道のコメントで笑いを誘ったケンコバだが、その後の話題では出演者の中で一番といっていいほど厳しいコメントする場面も。そのバランス感覚こそが、彼がテレビ番組で重宝される理由なのかもしれない。

・合わせて読みたい→千原ジュニア、コロナ続く30年後の芸能界を予測 とんでもないマナーが…

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)