泥酔した男が国際線機内で大暴れ 乗客の耳を一部噛みちぎり逮捕

酒を飲み、泥酔していたひとりの男。その結果あばれて騒いだ末に、とんでもない事件を起こした。

社会

2020/09/26 09:20


 

■逮捕された男

警察が乗務員の話を聞いている最中に、男は機内で客を襲撃。いきなり右耳に噛みつき、その一部がちぎれ落ちてしまったという。

警官らはすぐに男を取り押さえ、身柄を確保。被害を受けた乗客は男の仲間とみられ、そちらは病院に搬送された。ちぎれた耳がどうなったのかなど、その後の状態については一切報じられていない。


関連記事:正義感あふれる男性に悲劇 窮地に陥った女性を助けて耳を噛み切られる

 

■飲酒が絡む類似ケース

酔った客が機内でトラブルを起こすことは、そう珍しいことではないようだ。今年7月にはカナリア諸島から英国・ニューカッスルに向かう機内で40代の女が問題を起こし、到着後にやはり逮捕された。

こちらはワインを少々飲んで悪酔いしていたといい、その勢いで他の客に「売春婦と呼んだわね」などと言いがかりをつけ絡んだとのこと。こちらは有罪を認めたことから、罰金の支払いを命じられた。

今回逮捕された男は乗客を襲いケガを負わせているため、罰金の支払いだけでは許されない可能性も高そうだ。せっかくの旅も友情も、これで台無しになったことは間違いない。

・合わせて読みたい→自閉症の息子がマスク着用を嫌がり… 家族ともども旅客機から強制降機に

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)