「新型コロナで失業の可能性」最も多いのは30代男性 休業で自宅待機も

新型コロナウイルスの流行は、経済にも大きな打撃を与えている。自分の仕事がなくなり、失業の不安を抱えている人も。

ビジネス

2020/09/26 11:00

新型コロナウイルスの流行は、経済に大きな打撃を与えている。仕事が暇になり、失業の不安を感じている人も多いだろう。


画像をもっと見る

 

■「コロナで失業の可能性」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の有職者の男女827名を対象に調査したところ、全体の19.2%が「新型コロナウイルスの影響で失業の可能性がある」と回答した。

新型コロナウイルスの影響で失業の可能性があるグラフ


関連記事:20代女性の半数が「コロナで外食できずストレス」 友達と集まれない苦痛が…

 

■仕事がなくなり自宅待機

性年代別では、10代から30代の男性が高い割合になっている。

新型コロナウイルスの影響で失業の可能性がある性年代別グラフ

仕事がなくなり、自宅待機になった人もいる。

「観光施設で働いているけれど、新型コロナウイルスの流行により施設は休業。従業員も自宅待機になり、あのときは職を失うかもしれない不安でいっぱいだった」(20代・男性)


仕事が減っているために、不安に思っている人もいるようだ。

「海外とのやり取りが多い会社なので、新型コロナの流行で仕事量が一気に減った。中小企業のために、この先、どこまで会社の体力が持つのか心配している」(30代・男性)

次ページ
■今後の不安が強い

この記事の画像(3枚)