お姉さん系AV女優・春明潤、デビュー作での号泣体験を笑顔で語る

思わずハッと息を飲んでしまいそうな美女・春明潤がこの度AV女優としてデビューを果たす。初撮影ならではのエモいエピソードが炸裂してしまい…。

メンズ

2020/09/26 19:00

春明潤

人妻、熟女系の名門メーカーとして名を馳せる「マドンナ」より、期待の新人である春明潤(はるみ・じゅん)がAV女優デビューを果たす。しらべぇ編集部がインタビューに向かうと、思いもよらぬエモすぎるエピソードが飛び出した。


画像をもっと見る
 

 

■現状に満足できなくなってしまい…

春明潤

「天空から舞い降りた高嶺の花」というキャッチコピーが指す通り、国際線のCAからAV業界に転向してきた彼女。まずは早速、デビューの切っ掛けについて聞いてみる。

春明:過去に付き合ってきた男性や夫との絡みも悪くはなかったんですけど、自分の持ってる期待値が大きすぎるのかな? というジレンマを昔から抱えていたんです。


「本当に気持ち良いプレイをしてみたい!」と感じるようになって、この度AV女優としてデビューしました!


関連記事:ピュア度100%美少女・二葉エマがAVデビュー 初撮影のやらかしも最高にエモかった

 

■緊張がピークに達してまさかの涙…

デビュー作の撮影前日は、緊張のあまりほとんど寝られなかったという。

春明:緊張のピークは絡みが始まる直前ですかね。「これから撮影なんだ」「上手にできるかな」って考えていたら頭の中がいっぱいになっちゃって。私、男優さんと対面した瞬間に号泣しちゃったんですよ…(笑)


そしたら周りの皆さんが一生懸命フォローしてくださって。男優さんも「つい最近、フレンチブルドッグと遊んだよ」っていうかわいらしすぎる近況報告をしてくださいました(笑)。結局メイクだけはやり直しになっちゃって、メイクさんには本当にご迷惑かけて申し訳ないです…。


でも皆さんのフォローのお陰で、何とかデビュー作を撮り終えることができました! 本当に感謝してもし足りないです…。

次ページ
■その後は撮影中に笑う余裕まで?

この記事の画像(4枚)