日本遺産の絶景を一望のロープウェイ その駅にひょっこりやってきた猫が話題

日本遺産の絶景を一望できる尾道のロープウェイ。そこにひょっこり現れたのは…

2020/09/26 18:40

風景
(写真提供:千光寺山ロープウェイ)

各地の駅でマスコットになっている猫もいるが、広島県尾道市のロープウェイ駅にひょこりやってきた猫が話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、その駅員から話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■日本遺産第1号のひとつ

「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」というタイトルで、2015年に日本遺産第1号のひとつとして認定された、尾道の景観を一望できる「千光寺山ロープウェイ」。

山頂からの風景
(写真提供:千光寺山ロープウェイ)

山麓駅までは車かバスで行き、そこから山頂駅まで、3分間の空中散歩を楽しめる。千光寺までは、山頂駅から徒歩で約10分だ。


関連記事:中条あやみ、ロングブーツ&ヒョウ柄衣装で「TGC2020」の先陣飾る

 

■梅雨にひょっこりやってきた猫

その駅に、6月から7月の間に、猫がひょっこりやってきた。この猫には、駅員が「かつお」と名付けたが、駅で飼っているのではなく、常時いるわけでもないという。

「かつお」が駅を訪れたときには、多くの乗客が写真を撮って楽しんでおり、マスコット的な存在になりつつあるそうだ。SNS上では、「かわいい顔してるにゃー」、「旅先の疲れが、一気にどっと癒やされそう」などといった声があがっている。

駅では、雨のときのみ箱を出しており、また水やりは行っているが、餌は与えていないとのこと。


■コロナ禍で乗客が1割以下に

この絶景ロープウェイも、コロナ禍で4月、5月は乗客が1割以下に減ってしまった。6月には、3割に、今は5割程度まで回復してきているという。

ロープウェイ外観
(写真提供:千光寺山ロープウェイ)

19日からの4連休は、天候に恵まれたこともあり、行列ができるなど、久々に賑わいを見せたそうだ。なお、現在はコロナ対策として、定員を減らしており、その分臨時便を増発するなどの対応をとっている。

・合わせて読みたい→自虐ネタの達人、西日暮里駅 渾身のスタンプが4ヶ月で変更になってしまう

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

写真カツオ広島県尾道市新型コロナコロナ禍日本遺産千光寺山ロープウェイ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング