妊娠喜ぶ19歳女性を交際相手が殺害 子育てへの期待に温度差か

それは望まない妊娠だったのか。新しい家族ができることを喜ぶ心の余裕が、男にはあったのだろうか。

社会

2020/09/27 15:40

妊婦・悩み
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

10代後半の男女が交際し、妊娠・出産するのは決して珍しいことではない。そんなときに重要なのは、経済力、そして大変なのを覚悟のうえで、二人揃って「子育てが楽しみ」と言えることではないだろうか。



 

■ホテルの客室で射殺

米国・テキサス州のグレアム市で9月11日、2つ星ホテル「エグゼクティブ・イン」の客室で妊娠中の若い女性が銃で撃たれ、その後に死亡するという事件が起きた。

死亡したのはクロウィー・ムーアさん(19)。救急隊員が現場に到着した際はまだ息をしており、心肺蘇生法を受けながらグレアム地域医療センターに搬送されたが、のちに息を引き取ったという。


関連記事:強姦被害を免れるも火だるまにされた少女 死亡直前に容疑者特定に貢献

 

■被害者は妊娠5ヶ月

クロウィーさんは妊娠16週(妊娠5ヶ月)だった。お腹の赤ちゃんの父親でもある交際相手のゲージ・ギレンタインという18歳の男とともに、先月中旬から同ホテルに滞在していたことがわかっている。

警察は、事件現場で立ち尽くしていたギレンタインに対し、事情聴取を行ったうえで身柄を拘束。17日にはクロウィーさん殺害容疑でこの男を正式に起訴した。

次ページ
■望まぬ妊娠だったのか

この記事の画像(1枚)