日没後のおしゃべりは「はしたない」? 村長の命令で15歳少年と12歳少女が強制結婚

このような理由での児童婚は、あまりにも理不尽だ。

社会

2020/09/27 17:40


 

■村長の鶴の一声で

インドネシアでは、児童婚の問題について長いこと議論が交わされてきた。

なぜなら、結婚が認められる年齢について法律で「女性が16歳以上、男性は19歳以上」と定めているにもかかわらず、モントン・プラジェ村がそうであるように、地方部ではいまだ法律より宗教指導者の教え、古くからの慣習、そして村の重鎮の主張が物を言うからだ。

このたびの件も、エフサン村長の「君たちは結婚しなければならない」という鶴の一声が決定打となっていた。


関連記事:SNSで知り合った女児と交際したHIV感染者を逮捕 感染させようとした疑いも

 

■不安を語る少女の両親

インドネシアの複数のメディアが今、親族や近所の人々など数十人が祝福に駆け付けた、ふたりの結婚式の様子を伝えている。

だが、「男女が夜遅くに会ったり、女性が男性宅を訪れるようになれば、それは確かに結婚を意味します。でも娘たちはそんなつもりではなかったのです」と語るなど、ヌル・ヘラワティさんの両親の表情は浮かない。

幼な過ぎて経済力もないふたりは今、スハイミくんの家に同居させてもらっているという。

・合わせて読みたい→10代の少年が生きたまま焼かれる 少女強姦に激怒した住民が制裁

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)