被害者の心臓を犬に与えた男に26年の禁固刑 10代グループの強盗致死事件に進展

これだけ凶悪で残虐な犯行を働いた若者たちからは、服役により反省や謝罪の言葉を得られるのだろうか。

社会

2020/09/27 06:00

強盗
(tommaso79/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

自身の祖母を思い出させるような年齢の女性に対し、少年少女3名はどうしてそこまで残酷なことができたのだろうか。あまりの惨状で、事件現場はまさに血の海だったという。



 

■主犯格の男は19歳

このほどブラジル・ゴイアス州の刑事裁判所で、ある集団強盗致死事件に関する裁判が結審した。事件は2019年6月25日、アパレシダ・デ・ゴイアニア市のテルマ・メンドンカ・デ・カルバーリョさんという64歳の女性宅で発生。

犯行は、当時19歳だったイゴール・リベイロ・ナシメントの命令に、当時ともに15歳だった少年少女2名が従う形で行われた。


関連記事:「行方不明になった12歳の息子を探して」 悲劇の母を演じた女を逮捕

 

■内臓を飼い犬に与える

少女が見張り役を務めるなかフェンスをよじ登り、複数の凶器を手に住居に侵入した男2名が室内を物色。続いて家主であるカルバーリョさんを強姦し、腹部を刺し、手首を切るなど拷問を加えた。

男たちは動かなくなったカルバーリョさんの体から内臓をくり抜き、心臓と肺の一部を飼い犬に与えたことがわかっている。

次ページ
■証拠隠滅のため放火も

この記事の画像(1枚)