明石家さんま、マツコの『ホンマでっか』卒業の真相告白 「番組を減らして…」

『ホンマでっか!?TV』を卒業したマツコ。共演していた明石家さんまが、卒業の真相を告白した。

エンタメ

2020/09/27 05:30

明石家さんま
(写真提供:JP News)

お笑いタレントの明石家さんまが26日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演。タレントのマツコ・デラックスの『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)卒業の真相を告白した。



 

■テロップで卒業発表

16日の『ホンマでっか』の放送終了間際に、テロップで「マツコ・デラックスさんは今日の放送で『ホンマでっか!? TV』を卒業します 約10年間ありがとうございました」と、マツコの卒業が突然発表された。

放送初期から出演し続け、番組を支えてきたマツコ。それにもかかわらず、卒業発表があっさりしていただけに、ネット上では困惑の声が上がっていた。


関連記事:マツコ、LINEが開発するマッチングアプリに興味津々 「LINEやろうかな」

 

■卒業の真相は…

今回は、『ホンマでっか』で共演していたさんまが、マツコの卒業について説明した。じつは、マツコは舞台の仕事に興味があり、全国ツアーを行うことも考えていたという。

「マツコは、5年前から辞めたかったって。でも、俺との付き合いもあるし、一生懸命頑張ってやってくれていた」が、ついに舞台の仕事に力を入れることを決意したため、番組を卒業することに。

さんまは「(レギュラー)番組を減らして舞台のほうを、っていうだけのこと。別に揉めたとか、なんかあったわけではない」と強調した。


■レギュラーにブラマヨが選ばれたワケ

また、10年前に『ホンマでっか』の放送が決まったときの裏話を披露した、さんま。

当時は、自身やマツコの他に、ブラックマヨネーズの出演も決定していたが「その時のフジテレビの新入社員が『ブラマヨさんとバラエティーを作りたい』って言う人が圧倒的に多かった」という理由で、ブラマヨがキャスティングされたという。

当時の新入社員から圧倒的支持を集めていたブラマヨ。共演者は「へー!」「すごいな」と驚嘆の声を上げていた。

・合わせて読みたい→明石家さんま、セクハラをコミュニケーションと捉えて異論相次ぐ 「時代錯誤」の声も

(文/しらべぇ編集部・RT