メール冒頭の「お世話になっております」 30代女性の半数がいらないと回答

メールを送るときに、「お世話になっております」と冒頭に書く人が多い。しかし、必要ないと考える人も。

ビジネス

2020/09/28 10:40


 

■書いただけで丁寧になる

「お世話になっております」を、単語登録している人もいるようだ。

「『お世話になっております』が必要とは思わないけれど、単語登録をしているので入力に面倒は感じていない。なくなってもいいけれど、あってもいいって感じかな」(30代・男性)


書いただけで丁寧に見えるので、便利な言葉だとの声も。

「書いただけでそれなりに丁寧な文章に見えるのだから、『お世話になっております』は便利だと思う。なくなって、他の挨拶が増えるほうが面倒そう」(40代・男性)


関連記事:電気代の節約に 「夏はエアコンをつけっぱなし」30代女性は4割強

 

■失礼に思われないため

「お世話になっております」が常識となっている限りは、使い続ける必要があると考える人も多い。

「社内のやり取りでは、ビジネスチャットを使う会社も増えている。問題は社外の人とのメールだけど、思わぬ地雷を踏まないためにも冒頭の挨拶は必要だと思う」(30代・男性)


「いわゆるマナーの一つなので、完全になくすのは難しいと思う。これが常識となっているうちには、使わないと失礼に当たる行為になってしまうので」(30代・女性)


マナーだと思い、使っている人が大半のようだ。

・合わせて読みたい→フワちゃん、売れっ子すぎて後輩芸人のお世話に 「めっちゃいいやつ」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代有職者の男女734名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)