坂上忍、『バイキング』新レギュラー伊藤アナをベタ褒め CM中の発言イジる洗礼も

28日からリニューアルした『バイキングMORE』。新たに進行役となった伊藤利尋アナウンサーが、前任の榎並大二郎アナよりも坂上忍にハマッている?

エンタメ

2020/09/28 17:40

坂上忍

『バイキングMORE』(フジテレビ系)の進行を務める伊藤利尋アナウンサーが、28日放送の同番組初回放送に出演。メインMCの坂上忍から、ベタ褒めとイジりの洗礼を受けた。



 

■リニューアル1発目の放送

この日のオンエアは、先週まで『バイキング』として放送されていた番組のリニューアル1発目。放送時間が1時間拡大した他、レギュラー陣も一部が刷新された。

最も大きく変わった人事が、『とくダネ!』(同系)から異動する形で進行を務めることになった伊藤アナ。オープニングでは「楽しいひとときをということで、『MORE』の部分をわたくしが。『MORE伊藤』です」など、坂上と軽妙なトークを繰り広げていく。


関連記事:『バイキング』坂上忍、男性アナの相槌を注意 「昨日からだけどさ…」

 

■番組の変化に舌を巻く

さっそく巧みな話術を見せた伊藤アナは、番組の進行もさすがの手腕。毎回のようにテンパった様子で噛む場面も多く、苛立ちから舌打ちをしたこともある前任者・榎並大二郎アナと比べるとかなり落ち着いた雰囲気だ。

榎並アナのミスを頻繁にイジっていた坂上も、これまでの番組を引き合いに「ちょっとびっくりした。情報番組っぽくて」「今までは、ぶっちゃけ『なんちゃって情報番組』で頑張ってた。伊藤さんが読み始めたら急に…」と絶賛。

対する伊藤アナは、「僕も初めてなんで、ちょっと息が合わなくてすいません。お見苦しかったかもしれないです」と謙遜し、その後も「少し早く読んでいって、VTRが後から追いかけてきちゃって。すいません」など、平身低頭な姿勢を崩さない。


■カメラ目線でガッツポーズ

すると、ここで坂上が「それを2回目のときは、もうピタッとハマるようになって。CMに入った途端に『もう大丈夫だよオレは』って」と、放送には乗らなかった伊藤アナの自信家な一面を暴露する。

絶賛と暴露で二重に恥ずかしい伊藤アナは、一歩前へ出て「榎並! やったぞ!」とカメラ目線でガッツポーズ。自身が坂上に「ハマっている」ことをアピールすると、スタジオは大爆笑に包まれていった。

拙いながら懸命な姿が話題になっていた榎並アナに対し、さすがベテランといった名進行の伊藤アナ。タイプは違えど、リニューアル後も番組は魅力的だ。

・合わせて読みたい→『バイキング』榎並アナ、番組中に舌打ち 坂上忍が急遽フォローする事態に

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太