体外受精で母になった女性が結婚破綻 精子ドナーと関係持つもさらに不幸せに

赤ちゃんが欲しい。その夢を叶えたものの夫婦関係が壊れ苦悩していた女性が、精子ドナーに恋をした。

社会

2020/09/29 11:00

体外受精
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

どうしても欲しかった赤ちゃんが誕生し、とても喜んでいたある夫妻。それでも夫はしだいに酒に溺れ、結婚生活はガタガタに。さらにパンデミックが発生したことで、女性はさらに追い詰められた。



 

■体外受精で妊娠

インド・アーメダバードで暮らすある女性(45)が、ある男性と恋に落ちゴールイン。しかし結婚から数年が経過しても妊娠しなかったため、夫の希望もあり体外受精を試すことを決意した。

精子ドナーとも顔を合わせ、「この人なら」と納得した夫妻は精子を提供してもらうことに。幸いにも体外受精はうまく行き、女性は双子を妊娠・出産し母になった。


関連記事:一卵性母娘に悲劇 妻の頻繁な里帰りに激怒した夫が義母を殺害し逮捕

 

■結婚生活の破綻

その後、約5年は幸せな家庭生活を送っていたこの女性。しかし夫は徐々に酒の量が増え、夫婦関係はどんどん悪化した。

また夫はこの頃から、双子について「そもそも、こいつらは俺の息子じゃねえ」などと話すように。「精子ドナーに頼ってでも子供が欲しいと言ったのは、私じゃない」「あなたが望んだのでしょう」と女性は夫に話したが、夫は女性とドナーの仲まで疑い始め、結婚生活は破綻してしまった。

次ページ
■精子ドナーと男女の仲に

この記事の画像(1枚)