『水ダウ』松嶋尚美の盛大なドッキリに「怖すぎる」の声 冒頭から最後まで…

『水曜日のダウンタウン』に松嶋尚美が出演。トーク中の声に違和感を覚えた視聴者が多くいたが…。

2020/10/01 06:30

松嶋尚美

16日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、タレントの松嶋尚美が出演。トークを展開するたび、ネット上には「声がおかしい」とのコメントが上がったのだが…。



 

■冒頭から違和感

毎回さまざまな”説”を検証し、お茶の間に笑いを届けている同番組。今回の放送では「全く同じ事をもう1回やってみましたSP」と題し、過去に反響のあったドッキリ系の説について、全く同じ状況で全く同じタレントに仕掛けることに。

中でも、更衣室のカーテンを開けた際に不審な男が立っている「『開けたら人がいる』が結局一番怖い説」での、ジャングルポケット・斉藤慎二の前回検証時との同一リアクションが話題になり、松嶋もそれに付随してトークを展開する。

その内容は、俳優の東幹久にプライベートで同じドッキリを仕掛けたというものなのだが、トーク中、視聴者からは「声が変」「怖い…」といったコメントが相次いでいた。


関連記事:パンサー尾形、ハードなドッキリ企画で嘔吐するハプニング 「非常に危険」

 

■視聴者をターゲットに…

その種明かしは、番組の最後にあった。なんと「テレビに出てる人の声、じつはモノマネ芸人がアテレコしていても誰も気づかない説」という2017年に検証した説について、視聴者をターゲットに再検証していたのだ。

番組冒頭から最後まで、松嶋の声は地声ではなく、モノマネタレントのみかんによるアテレコで放送されていたようだ。

次ページ
■「ゾッとした」
テレビみかんドッキリモノマネ水曜日のダウンタウン松嶋尚美アテレコ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング