二郎系ステーキ店が横浜市にもオープン 新小岩の人気店と比較してみた

二郎系ステーキが横浜市にもオープンした

グルメ

2020/10/01 11:00

二郎系ステーキ店といえば「ステーキはお米の付け合わせ」と語るほどご飯が美味しいことで知られる新小岩の『コメトステーキ』が有名だ。

もちろん店主こだわりの焼き方のステーキも素晴らしく美味しいため、行列ができたり閉店時間より前に食材が切れてしまうこともあるほど。


画像をもっと見る

 

■二郎系ステーキ店『ステーキラボ』

流行り始めたのか横浜市の鶴見駅・京急鶴見駅近くにも別の二郎系ステーキ店『ステーキラボ』がオープンしていた。

値段はステーキ1ポンドとライスで1,650円と、なかなかリーズナブル。次に気になるのは味である。


関連記事:いきなりステーキがメニュー更新するも ファン「敗北宣言にしか見えない」

 

■調味料も種類豊富

こちらもコメトステーキ同様に、にんにくや野菜の量を調節可能。また、ご飯の大盛りも最初から選べるようだ。

調味料も種類豊富で、好みの味付けができそうである。

次ページ
■ステーキは美しい

この記事の画像(10枚)