白河優菜、3年ぶりのグラビア作品で大事なコトを忘れてしまう

白河優菜が、3年ぶりの作品『Departure』をリリース。思わぬ苦労に取材陣から笑いが。

白河優菜

女優やタレントとして活躍する白河優菜が、3年ぶりの最新作『Departure』(アイドルワン)をリリース。久しぶりの作品について、しらべぇ取材班が話を聞いてきた。


画像をもっと見る
 

 

■生徒との「禁断の関係」

白河優菜

20代最後の作品となった今作。撮影はグアムで行われたそうで、「景色が綺麗なので、そこも楽しんでもらえたら」と見どころを語る。

作品では、先生役を演じているという彼女。修学旅行先で生徒との「禁断の関係」を描いた作品になっているようだ。


関連記事:色白グラドル・椎葉ゆき、初作品から攻めた露出に挑戦 「愛される作品になったら嬉しい」

 

■3年ぶりの撮影に苦労

なかには、生徒からリクエストされて制服を着用するシーンも。彼女自身、「もう着ることはない」と思っていた制服を着ることができ、喜びをあらわにする。

3年ぶりともあり、「グラビアのポーズってどんな感じだったっけ…」と大切なことを忘れてしまうハプニングも。撮影は思い出すところから始まったそうで、事前に色々なDVDで研究してから臨んだそうだ。

さらに、筋肉痛にも苦しまされ、思わぬ苦労に取材陣からも笑いが起こった。


■リリースのきっかけは…

白河優菜

彼女の中で、多くの人に名前を知ってもらうきっかけになったというグラビア作品。ファンからの「DVD出さないの?」という声や、「20代最後に作品を撮れたら良いな」という自身の思いから、3年ぶりに作品をリリースすることになったそう。

30代突入後も、「需要があればやりたいと思ってます」と意気込みを語ってくれた。


【白河優菜(しらかわ・ゆな)】

1990年3月15日生まれ/T165 B85 W59 H88/血液型:B型/趣味:ゲーム、漫画/特技:ロジック、数独を解くこと

・合わせて読みたい→東雲うみ、撮影で着た「人生で一番小さい水着」に困惑してしまう

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部 撮影/HIRO)

この記事の画像(8枚)