無印良品、マスクと一緒に売られている100枚入りの神商品 これは助かる…

まだまだ続くマスク生活。布マスクでネックになってくる内側の汚れ問題を解決してくれるアイテムが、無印良品からも販売されている

グッズ

2020/10/02 06:00

無印良品

依然としてマスクが手放せない生活が続く中、繰り返し洗って使うことのできる布製マスクの人気も高まっている。

そうした中、いち早く布製マスクの生産に乗り出した無印良品から、布マスク生活の心強い味方となるグッズが発売されていることをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■マスク用不織布シート

無印良品「マスク用不織布シート」

その話題の商品というのが、「マスク用不織布シート」(850円/税込)だ。

マスクの汚れを防止するために、マスクの内側に入れて使う専用の不織布シートで、こうした類の商品は100円ショップなどからも販売されているが、無印良品の商品は、毎日使うことを考えた100枚入りという大容量なのが嬉しい。

ちなみに、しらべぇ編集部員が訪れた神奈川県内の店舗では、感染症対策グッズコーナーが設けられており、マスクと一緒に販売されていた。


関連記事:イオンのマスクショップ 「マスクと一緒に使うべき神商品」があった…

 

■どんなマスクにも対応できるサイズ感

無印良品「マスク用不織布シート」

マスクの内側に入れて使うシートは小さめサイズのものが多い印象だが、同商品は「約12×16センチ」というかなり大きめのサイズで、カットして使えばあらゆる大きさ・デザインのマスクに対応可能だ。

無印良品「マスク用不織布シート」

同社の「繰り返し使える2枚組・三層マスク」にあてがってみると、このような感じに。汚れが目立ってしまう白色の布製マスクを着用する際には、とても心強いアイテムと言えるだろう。


■約4割が「コロナ禍以降布マスク」

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女2,168名を対象に「コロナ禍のマスク」に関する意識調査を実施したところ、「コロナ禍以降は洗える布マスクを使っている」と回答した人は、全体で36.6%という結果に。一時期の深刻なマスク不足の影響もあり、現在は布マスクを愛用している人は少なくないようだ。

新型コロナ禍以降は洗える布マスクを使うようになったグラフ

同商品はインターネット上でも、「これならシートだけ付け替えればok」「ファンデついたら洗うの面倒だし…」と注目を集めている。女性などメイクをする人は、マスクとセットで買っておくと良さそうだ。

・合わせて読みたい→たった300円の冷感マスク 使ってみたら痒いところに手が届く商品だった

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の男女2,168名(有効回答数)

この記事の画像(5枚)