マツコ街ブラロケ番組『夜の巷を徘徊』の番組名変更が判明 「変えるしかしょうがない」

『夜の巷を徘徊しない』でマツコ・デラックスが同番組の番組名変更に触れて…

エンタメ

2020/10/02 16:00


 

◼ホームページも変更

タイトル変更の発表に合わせて、番組ホームページもマイナーチェンジした。タイトルの「する」部分にバツがつけられ「しない」と書き直されたうえ、内容紹介も書き直されている。

「マツコ・デラックスが気の向くままに“妄想徘徊”を繰り広げる自然体バラエティー。スタジオで些細なことに思いを巡らせてみたり、ゲストを招いて雑談してみたり…。とにかく自由にやっていこうと思います」と新しい生活に合わせた番組のタイトル・内容の変更を視聴者に告げた。


関連記事:有吉弘行の『アメトーーク』への意外な不満に賛否 「全面的同意」「私は好きだけど…」

 

◼視聴者も反応

今回からタイトルが変更となった『夜の巷』。番組で明言されたため、変更に気づいた視聴者多かった。

視聴者からは「夜の巷を徘徊しないになってる。今更気づいた」「マツコがロケする番組、コロナ禍でロケ出来てないな〜って思ってたら 番組名まで夜の巷を徘徊しないに変わっててビックリした」「夜の巷を徘徊するで徘徊しないのならそれはもうマツコ版タモリ倶楽部でしかないのよ」と大きな反響が起きている。

・合わせて読みたい→マツコ・デラックス、若い視聴者との世代ギャップに「恐怖感じる」と弱音

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ