20代男性が一番多い 今の恋人を元恋人と比べてしまう人の割合は…

元恋人と比べてしまわないためには…

コラム

2020/10/03 18:00

せっかく今恋人がいるのに、元恋人と比べてしまってしまうことってありませんか? そんな秋、こんばんわ中村愛です。ということで、今回は元恋人という存在は一体どういったものなのか、その辺りをきちんと知って頂いて今の恋人を是非大事にしてもらいたく執筆してみました。


画像をもっと見る

 

■元恋人と比べた経験者の割合

まずは、しらべぇ編集部が全国10代~60代の男女1,735名を対象に調査。すると、全体の34.7%が「今の恋人を元恋人と比べた経験がある」と回答しました。

今の恋人を元恋人と比べた

約3人に1人が比べてしまうのであれば、少し安心できる気がしますよね。また年代別で見てみるとこのような感じになりました。

今の恋人を元恋人と比べた

女性のほうが元恋人と比べがちだと思っていたのですが、まさかの20代男性が一番多く「元恋人と比べてしまう」という結果になってしまいました。では、いつどんなときに元恋人と比べてしまうのか?


関連記事:「恋愛の重さ」診断テスト公開 自覚している人の割合は案外高かった

 

■いつ、どんなときに!?

「今の彼が草食系すぎてつまらないなぁと思い、過去を思い出してしまう」(20代・女性 学生)


「ズバリ、体の相性が合わなかったときに、前のほうが相性良かったと思い返します」(20代・男性 金融系)


「ケンカしたときに「前の彼氏だったら自分から謝ってきてくれた」とか「あんなひどいことは言わない」など思ってしまう」(30代・女性 会社員)


「笑うタイミング、お金の価値観など、自分とはちょっと違うなぁと感じたときに、元恋人のときはのびのびしていた自分に気付いたりする」(30代・男性 飲食店)


といったように、今の恋人と少し合わない部分が出てきたときに比べてしまうことが分かりました。ただ、比べて良いことなんてない! ということを是非頭の片隅に入れてほしいのであります。その理由はコチラ…。

次ページ
■比べてしまう人は恋がうまくいかない?

この記事の画像(4枚)