すかいらーくがついに「GO TO Eat」参画 歓喜の声が上がるが注意すべきことも…

「Go To Eatキャンペーン」にすかいらーくグループが参画することが発表された。注意することは…

話題

2020/10/03 06:30

飲食業や農林水産業者の応援を目的とした政策で、今まさに話題となっている「Go To Eatキャンペーン」。ついに庶民の味方である、すかいらーくグループの全ブランドが参画することが発表され、世間では喜びの声が溢れた。



 

■「お食事を楽しんでいただければ」

GO TO Eatキャンペーン

株式会社すかいらーくホールディングスは2日、「すかいらーくグループ全ブランドで、プレミアム付食事券が使用できるほか、一部ブランドではオンライン予約ポイントの付与も実施いたします」と発表。

続けて「新型コロナウイルスの影響で外食を控えられていたお客様も、この機会にあらゆるシーンですかいらーくグループのお食事を楽しんでいただければと考えております」とコメントしている。

なお、プレミアム付食事券は、すかいらーくグループの店内のみならずテイクアウトや宅配にも利用できる。


関連記事:バーミヤンのつけ麺が異常なウマさに進化 その味はラーメン店の向こう側へ

 

■「使えるの!」と喜びの声

以前、すかいらーくグループが参画予定であることが報じられた際には、「gotoイートにすかいらーく参加予定ってマジかな?」「ちょっと高い店じゃなくて、ハンバーガー屋とかすかいらーく系の店でいいんじゃ」と期待する声が続出していた。

そのため、今回の発表を受けネット上では「すかいらーくグループで使えるんだ!」と喜びの声の他、「使い先に困ることはなさそうだから、プレミアム付食事券を買う方向にしよう」と、これを機に「プレミアム付食事券」の購入を検討する人も散見された。


■注意点も…

「プレミアム付食事券」については、10月14日に開始され、地域ごとに順次導入されていく。対する「オンライン予約のポイント付与」の開始日は10月8日であり、利用はホットペッパーグルメサイトの予約からとなっている。

なお、注意すべき点として「プレミアム付食事券」と「オンライン予約のポイント付与」で、対象となるブランドが異なることが挙げられる。例えば、「ガスト・バーミヤン・ジョナサン」などは「プレミアム付食事券」のみ対象となっている。一方、「しゃぶ葉・夢庵・ステーキガスト」等は両者共に対象だ。

詳細はすかいらーく公式サイトやGo To Eat 公式サイトにて確認できるため、事前のチェックをお勧めしたい。

・合わせて読みたい→ジョナサン、秋の味覚が食欲そそる新メニューが全てテイクアウト可能

(文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(1枚)