元新型コロナ陽性の妊婦を病院が受け入れ拒否 14時間後の出産で双子が死亡

新型コロナウイルス感染からの回復を経て、出産の日を迎えた女性。しかし、受け入れてくれる病院はなかなか見つからなかった。

社会

2020/10/04 08:00


 

■双子の死

陣痛が始まって14時間が経過した頃、ようやく受け入れ先が決定。夫に付き添われた女性は、ようやく診察を受けることができた。

胎児の状態を確認した医師団は、帝王切開で双子を取り出すべく急いで手術を行ったが、双子は助からずに死亡してしまった。14時間もの苦しみに耐えた女性も、体調をひどく崩しているという。

なお、女性はまだ集中治療室におり、我が子たちが亡くなったことを知らないとのことだ。


関連記事:不正出血に気付いても新型コロナのせいで… 受診が遅れた看護師の子宮頸ガンは手遅れか

 

■当局も衝撃

この件について報告を受けた当局は、すぐに調査を開始した。受け入れを拒否した病院は「女性がクラスターの原因になるかもしれない」と恐れたのかもしれないが、検査結果を見せられた時点で女性を受け入れていれば、赤ちゃんたちは助かった可能性が高い。

パンデミックの発生で、妊婦やその家族が不安を抱えている。このような悲劇が二度と起こらないことを、多くの人が願っている。

・合わせて読みたい→10代男の暴走車に妊婦が跳ね飛ばされ… 緊急で取り出された赤ちゃんは死亡

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)