預金目当てで男性を殺害した女2人 切断した手の指紋認証で800万円搾取

親の死亡で男性は高額の保険金を受け取っていた。それを知られたがために…。

社会

2020/10/04 07:00

指紋認証
(cagkansayin/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ある若い男性に近づき、誘惑した美しい女。その頭に邪悪な計画があるとは知らない男性は彼女に魅かれ、ある日、自宅でのデートを提案したのだった。



 

■母親の死亡保険金が入る

今年3月18日、ポルトガル・ファーロ県のタヴィラで、若い男性が首を絞められて殺されるという事件が起きた。

死亡したのは、ホテルの従業員だったディオゴ・ゴンカルヴェスさん(21)。2016年7月に母親を交通事故で亡くし、約1,000万円の保険金を受け取っていたが、彼の死後、そのほとんどが銀行口座から奪われていた。


関連記事:同性パートナーを惨殺した女を逮捕 遺族は「おまえは悪魔か」と激怒

 

■容疑者を自宅に招く

事件について捜査を行ってきた検察は、このほど警備会社勤務のマリア・マルヴェイロ(19)、および看護師のマリアナ・フォンセカ(23)の女2名を、殺人および死体損壊・遺棄、預金の搾取、車両の窃盗ほかの容疑で起訴した。

殺害に関しては、ゴンカルヴェスさんの自宅を訪ねたマルヴェイロ容疑者が睡眠薬入りのジュースで彼を眠らせ、フォンセカ容疑者と共に首を絞めた疑いが持たれている。

次ページ
■手は指紋認証のために保存

この記事の画像(1枚)