完全菜食主義の両親が育てた赤ちゃんに脳障害 栄養失調のうえ健診も受けさせず

極端な食生活の偏りに対し、判事は「精神面でのカウンセリングが必要だ」と述べた。

2020/10/04 10:00


 

■脳と神経に一生のダメージ

赤ちゃんの脳・神経にもたらされたダメージは、タンパク質摂取の不足が原因だとして医師は警察に通報。両親は育児放棄・怠慢および虐待の容疑で逮捕・起訴され、1ヶ月ほどして回復した赤ちゃんは当局に保護された。

容疑を認めた両親は2018年11月にヴィクトリア郡裁判所で有罪答弁を行ったが、下の子供が誕生すると破局した。そこで母親は「医師や看護師の指導を守る」という条件の下、娘の面倒を見ることが許可されたという。


関連記事:代理育児に疲れ果て… 孫を揺さぶり死なせた祖父に実刑判決

 

■「これからが闘い」と判事

3歳の誕生日を迎えた娘を献身的に介護し、2番目の子供の健康も考えて食生活の改善がみられるようになった母親と、完全菜食主義の食生活を改めると誓った父親。

このたびの裁判で、判事はそんな両被告に実刑判決を下すことを避け、12ヶ月にわたる地域社会での矯正・更生の活動、および精神カウンセリングを受けるよう命じた。

我が子の身体に障害を与えてしまったことを悔い改めながら生きていく両親について、判事は苦難に満ちた人生になると覚悟を」と述べている。

・合わせて読みたい→死が迫る娘を見かねた父親が無理心中か 残された母親にも同情の声

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

育児虐待ミルク脳障害ネグレクト育児放棄栄養失調ヴィーガン集中治療室完全菜食主義
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング