映える1枚を撮るため木に登り… 40代男性が崖から海に転落して帰らぬ人に

木によじ登り、ポーズを決めようとした男性。そのとき思いもよらぬことが起き、男性は亡くなってしまった。

社会

2020/10/04 07:40

崖
(Anna Frank/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

景色の素晴らしいスポットを訪れた男性が、記念に写真を撮影しようと思いついた。だがその場に立つだけでは面白い写真にならないと考えたのか、現場にある木によじ登ってポーズを決めようとした。その結果、男性は命を落としてしまった。



 

■危険な場での写真撮影

米国・オレゴンで暮らしていたスティーヴン・ガステラムさん(43)が、友人とハイキングへ。ある断崖にたどり着き、写真を撮影しようと盛り上がった。

そこに生えている木を見つけたガステラムさんは、よじ登ってポーズを決めることに。しかし木の枝はガステラムさんの体重を支えることができず、いきなり折れてしまったという。ガステラムさんは約30.5メートル下の海に落ち、そのまま姿を消してしまった。


関連記事:猛毒魚の棘でアナフィラキシーショック シュノーケリングの16歳少年が死亡

 

■救出活動を開始

通報を受けた警官隊がジェットスキーに乗って捜索し、ガステラムさんを発見。

大急ぎで陸に運び病院に救急搬送したというが、その時点で状態はかなり悪かったようだ。

次ページ
■死亡した男性

この記事の画像(1枚)