「愛妻家でも風俗には来る」 悩める妻たちにベテラン風俗嬢がやさしく解説

仲の良い夫婦は年月を重ねるごとに愛情を増していくもの。しかし、それぞれの性欲だけに目を向けると…? 

2020/10/04 18:20

ソープランド

自他ともに愛妻家を名乗っていた夫が、なんと風俗店に出入りしていた…。そんな事実が発覚したとき、妻は「こんなにも幸せで仲の良い夫婦なのに、なぜ…」と思い切り悩むことだろう。

なかなか理解できない部分も多い男の心と体、そして性。ベテラン風俗嬢がそのあたりについて解説し、世の妻たちの関心を集めている。



 

 

■既婚男性も多々利用

女手ひとつで2人の子を育てあげるため、オーストラリアのシドニーで長年にわたり性風俗業に従事していたというサマンサ・X(本名アマンダ・ゴフ)さん。

引退した後、著書『Hooked』および『Back on Top』に高級エスコート嬢として歩んだ半生を赤裸々に綴り、話題をさらっていた。独り身の男性ばかりか、身体に障害がある男性やガン末期の男性、そしてもちろん既婚男性のお相手を多々してきたという。


関連記事:「夫より妻が高収入」20代は2割超えも 育児のために仕事離れる女性も

 

■風俗に通う既婚男性は3種類

風俗を利用する既婚男性は大きく分けて3種類だと解説するサマンサさん。

まずは、「妻とはセックスレスで愛情もない」という男性。サマンサさんを抱いた後に「妻にとって僕はただのATM。離婚での財産分与は腹立たしいし、子供がいるから別れられない」などとボヤく夫も少なくなかったという。

続いては「妻を愛しているが、セックスがマンネリ化して…」という男性。仕事が多忙で過労ぎみの男性でも、いざ事に及ぶと驚くようなパワーをみせることがあり、「セックスこそが元気の源」という男性の言葉は真実だという。

次ページ
■どんな愛妻家でも…
結婚浮気オーストラリア既婚者風俗セックスレス性欲愛妻家既婚男性娼婦
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない